計測コラム 機械検査技能士とは?

機械検査技能士って?

 

国家資格である技能検定制度の一種で、

機械検査に関する学科及び実技試験に合格した者です。

等級で認定されており、特級、1級、2級、3級があります。

受験資格は、2級は実務経験2年以上、

1級は実務経験7年以上となっています。

 

試験内容は、生産現場の工程における検査/計測から、

恒温室内の精密測定、計測機器や計測方法の知識や規格まで、

製品の品質を確保するための幅広い範囲が含まれています。

↑ノギスやマイクロメーターを使用した実技試験もあります。

 

機械検査技能士の資格を取得しているということは、

正しい計測の知識を持ち、正確な計測を行える知識や技能を

持っているということを、国に認められているということです!

 

小牧計測センターには機械検査技能士の資格保持者が

1級4名、2級2名在籍しており、計測を依頼いただくお客様に

より良いサービスを提供するため、技術の向上に努めています。

『技術の向上が未来に繋がる!』